自分が相手に与える印象を把握する

顔の形を知ることから始めよう

メガネを選択する際、基本になるのは自分の顔の形を理解することです。顔の形を把握することで、理想のフレームを見つけることができます。フレームを探す時に重要となってくるのが、顔の幅に対してフレームの大きさがあっているかと顔の三分の一に収まっているかです。人の顔は、大きく分けると4つのタイプがあります。顔のタイプとして、四角顔や面長顔に三角顔と丸顔に分けられるので自分がどれに該当するのか知っておきましょう。さまざまな種類のフレームが登場してきていますが、顔の形を知っておくだけでも選択がスムーズにいきます。顔の形とメガネは相性があるため大切です。相性があうメガネを選べるようになるためにも、自分のタイプを確認しておいてください。

顔の形とフレームで印象が決まる

丸顔の人は、引き締まったイメージになるスクエアが似合います。スクエアであれば、カッコいい雰囲気があるためビジネスの場で役立つでしょう。子供っぽい雰囲気のある丸顔は、シャープな物を選べば大人っぽい感じに変わります。堅い感じのする面長顔は、ウエリントンがおすすめです。ウエリントンは、レンズの幅が広いことから縦長の印象を抑えてシャープさを目立たせます。また、天地の幅を広げればカジュアルにも利用が可能です。三角顔は、優しくてナチュラルなオーバルか知的なハーフリムが良いといえます。三角顔の特徴として、きりっとした感じがあることから丸みがあるものを選択すると優しい感じになります。しっかりした雰囲気のある四角顔の人は、丸い感じの逆三角形レンズのボストンです。フレームは、尖ってないものにすると穏やかなイメージに変えられます。